So-net無料ブログ作成

TVアニメ「ハイスクール フリート」 [アニメ]

Twitterから失礼します!

家のテレビは有機EL4Kレグザ。普通の環境下、スマートフォンのカメラで画面を撮っただけなのですが、かなり綺麗に写ります!
タグ:アニメ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

レーゾンデートル - Eve MVをご紹介! [アニメ]

なかなか良いです。お視聴あれ!
グラフィニカ手広いなぁ。

タグ:アニメ MV
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「高畑勲展」を見に行きました! [アニメ]

昨日、東京国立近代美術館に「高畑勲展」を見に行きました。
写真でご紹介致します。
10月6日まで、あとわずかなのですがお勧め致します。
自分はあともう1回、リピーターとして行く予定です。
IMG_20190928_212508_edited-1.jpg
IMG_20190928_212600.jpg
IMG_20190928_213152.jpg
▼「アルプスの少女ハイジ」のアルムおんじが住む家、ジオラマは撮影出来ます
IMG_20190928_212737.jpg
IMG_20190928_212822.jpg
IMG_20190928_212906.jpg
IMG_20190928_212942.jpg

▼ほぼ原寸大と思われる山小屋の家、「高畑勲展」の外のフロアに設置されています。
IMG_20190929_163118.jpg
IMG_20190928_213028.jpg

▼図録
IMG_20190928_212107.jpg
文字の情報量も半端なく、一日では見切れないので図録は必須かも。

▼グッズも少し購入
IMG_20190928_212005.jpg
(豆皿)
▼「赤毛のアン」クリアケース(表
IMG_20190928_212201.jpg
▼「赤毛のアン」クリアケース(裏
IMG_20190928_212247.jpg
ちなみにクリアケースは「赤毛のアン」のオープニングの原画(宮崎駿)の絵で、絵コンテ:高畑勲、作画監督:近藤喜文、OPラフ原画:宮崎駿です。「赤毛のアン」のオープニング最高!

▼赤毛のアン(1979) OP&ED [ステレオ]
https://www.youtube.com/watch?v=itUl6B4_w-g

▼きこえるかしら  大和田りつこ (1999)
https://www.youtube.com/watch?v=axclL8ZGNGM

図録には残念ながら掲載されていませんが、「高畑勲展」では高畑勲はアンの成長の全て年代順に何が起こるのかを書き記し、脚本、演出の指針にしたり、途方もない作業とこだわりを持って作品作りをしていた事を知りました。ほんと凄すぎる!


▲劇場版『赤毛のアン~グリーンゲーブルズへの道~』 [Blu-ray]
思わず買ってしまいましたヽ(*´∀`)ノ
※上記画像のリンクはAmazonアソシエイトリンクを使用しています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

今晩は『この世界の片隅に』BDを観よう [アニメ]

先日、NHK総合で劇場用アニメーション映画『この世界の片隅に』を放送していました。
IMG_20190806_213209.jpg
こうの史代の同名漫画を原作とする、片渕須直監督・脚本、MAPPA制作の長編アニメーション映画。2016年公開。昭和19年(1944年)に広島市江波から呉に18歳で嫁いだ主人公すずが、戦時下の困難の中にあっても工夫を凝らして豊かに生きる姿を描くという内容です。

戦時下であった当時、暗い時代だと思われがちですが、その苦しい中でも人は喜怒哀楽の中で生活し、傷つきながらも生き残った人の力によって、現在まで地続きで続いている。でもその思いを過去に戻って聞くことは出来ない。
主人公の「すず」の日常を、まるでドキュメンタリーの様に徹底的に見せる事によって、色々な感情が同時に重なり合い「すず」の想いを知りたくて何度も繰り返して観たくなる。答えの無い答えを作品の中から探し求めようとする自分に気付くはずです。お勧めできる作品です。是非一度、観て、感じて下さい。

すず役の「のん」旧芸名:能年 玲奈(のうねん れな)のキャスティングが素晴らしすぎます!
NHKの放送は観たのですが、今晩はBDを観よう。



※上記画像のリンクはAmazonアソシエイトリンクを使用しています。
タグ:映画 アニメ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

2019年 夏の新作TVアニメ [アニメ]

【2019年 春の新作TVアニメ】(7月より放送予定)

1)荒ぶる季節の乙女どもよ。
2)ありふれた職業で世界最強
3)あんさんぶるスターズ!
4)異世界チート魔術師
5)うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。
6)ヴィンランド・サガ
7)炎炎ノ消防隊
8)かつて神だった獣たちへ
9)彼方のアストラ
10)からかい上手の高木さん2
11)可愛ければ変態でも好きになってくれますか?
12)ギヴン
13)グランベルム
14)ケンガンアシュラ
15)胡蝶綺 ~若き信長~
16)コップクラフト
17)女子高生の無駄づかい
18)スタミュ(第3期)
19)聖闘士星矢: Knights of the Zodiac
20)戦姫絶唱シンフォギアXV
21)ソウナンですか?
22)ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ
23)ダンベル何キロ持てる?
24)通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?
25)手品先輩
26)とある科学の一方通行
27)トライナイツ
28)Dr.STONE
29)ナカノヒトゲノム【実況中】
30)博多明太!ぴりからこちゃん
31)ビジネスフィッシュ
32)BEM
33)魔王様、リトライ!
34)まちカドまぞく
35)闇芝居(第7期)
36)指先から本気の熱情-幼なじみは消防士-
37)Re:ステージ! ドリームデイズ♪
38)ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-
*******************************************
以上38作品です。
2)「ありふれた職業で世界最強」は原画の方でお手伝いしています。
タグ:アニメ 2019
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

新海誠 「天気の子」7月19日より公開 [アニメ]

新海誠 監督最新作「天気の子」7月19日より公開。
それに合わせてスペシャルパートナー7社によるコラボCMが今日、6月30(日)21時からテレビ朝日系で放送される『君の名は。』内で「一斉解禁」

また、東宝史上初の試みとして、公開初日7/19(金)午前9時に、『天気の子』の上映全劇場359館にて「初回一斉上映」を行う事が決定。
▼映画『天気の子』公式サイト
https://www.tenkinoko.com/
nice!(1)  コメント(0) 

『ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。』4巻目と連ドラ『夏空 ~なつぞら~』 [アニメ]

IMG_20190321_090919.jpg
2018年、秋のTVアニメ『ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。』の作画監督をしていたので、ブルーレイ4巻目のソフトを頂きました。「LIDENFILMS 株式会社ライデンフィルム」制作一同様。ありがとうございました。

NHKの朝の連続ドラマ、4月1日より『夏空 ~なつぞら~』が放送スタートします。

1937年(昭和12年)に東京に生まれ、両親を戦争で失い父の戦友に養女として引き取られた戦災孤児の少女・奥原なつが、北海道・十勝で広大な大自然と開拓者精神溢れる強く優しい大人たちに囲まれてたくましく成長し、上京後北海道で育んだ想像力と根性を活かして当時「漫画映画」と称された草創期の日本アニメの世界でアニメーターを目指す姿を描く。
「北海道十勝編」「東京・新宿編」「アニメーション編」の三部構成。
脚本:大森寿美男
主演:広瀬すず(奥原なつ 役)
語り: 内村光良

自分もアニメーター(絵コンテ・演出・監督もします)なので、楽しみにしています。
タグ:アニメ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

ベストオブ2018年春の新作アニメ [アニメ]

水曜日の深夜、何故か先週最終回を向かえた『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』最終話が再放送されました。

先週の放送が完全版ではなかったのかな?でも話数も同じ最終話数、小数点も付いていない(笑)しかもちゃんと「再」の文字。
放送を見たけど問題ないのでは?と思い視聴しましたが、声優さん達のコメンタリーが入った再放送でしたので、副音声で観ている人なんていないんじゃないですかね~なんて言ってましたが、ちゃんと副音声で観ましたよ。お疲れ様でした。1話から再放送する事が決定したそうです。
放送は「TOKYO MX」『ソードアート・オンライン ガンゲイル・オンライン』は春の新番組の中で良作でしたので、お勧めいたします。自分としては、この作品と「3D彼女 リアルガール」「ゴールデンカムイ」が良かったと思います。ただ、「3D彼女 リアルガール」「ゴールデンカムイ」は完結していないので最終評価には届かないかな。という事で、ベストオブ2018年春の新作アニメは『ソードアート・オンライン ガンゲイル・オンライン』です。

とは言え、全作品を観ている訳ではないので、何かお勧めの作品があったらコメント下さい。
タグ:アニメ 2018
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

最近観たアニメの感想 [アニメ]

最近観た放送中のアニメの中で気になった作品をピックアップしたいと思います。
*************************************
『ヤマノススメ セカンドシーズン』2014年7月9日 ~ 12月24日放送【製作:エイトビット】
#17「たかいところって、平気?」
監督:山本裕介
脚本:ふでやすかずゆき
絵コンテ:山本裕介、長井春樹
演出:間島崇寛
作画監督:江畑 諒真(えばた りょうま)

本放送自体は既に終わっているので、再放送って事になりますが、内容が良かったですね。特に動きの部分は、相当手の込んだ事をしていて、動かす事を楽しんで作画されていると感じます。
アニメって、レベルの高い事をすればするほど、一般の人からは普通に見えるんですよね。この作品自体、全体的な平均点が高い作品で、この話数に限らずどの話数もお勧めできます。
*************************************

*************************************
『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』【製作:京都アニメーション】
#4「君は道具ではなく、その名が似合う人になるんだ」
監督:石立 太一(いしだて たいち)
脚本:吉田玲子
絵コンテ:武本康弘
演出:澤真平
作画監督:角田有希

監督の石立 太一さん、絵コンテの武本康弘さんは、アニメーター上がりの方なので、作品自体もかなり映像を重視した作りが伺えます。作画や出来に関しては、言わずと知れたレベルなので横に置いておきまして、小説原作の持ち味も生かした脚本の絶妙なテクニックが吉田玲子さんらしい作りだと感じました。

サブタイトルがラストに活字として表現。それが、セリフの一部になっている。多分、サブタイトルと気付かない方が多いのではないでしょうか?話数出ないしね。
しかも、言葉の選び方は、正に小説原作らしく、考え抜かれた文言で、ある意味『詩的』な一文です。

この話数は、登場人物の「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」と「アイリス・ナナリー」が花言葉として個性をダブらせた表現になっている(バイオレット(スミレ):「謙虚」「誠実」「小さな幸せ」/アイリス(アヤメ):「恋のメッセージ」「吉報」「メッセージ」)
しかも、物語の展開も花言葉に合わせた作りで、素晴らしい脚本です。

「アイリス・ナナリー」が自分の故郷に戻って、駅に到着したシーンと帰って行くシーンをあえて重複させたシチュエーションにして、故郷に戻った心境と、帰る時の心境の違いを見せるテクニックは計算されていましたね。原作は読んでいないので、どういう違いになっているか判らないのですが、脚本家、吉田玲子さんはキャラクターの設定をうまく物語に反映させて掘り下げるのが上手な方だなと、改めて感じました。

主人公が文字を書く仕事という部分は、作家や脚本家の実生活に近い感覚じゃないでしょうか?そういえば『R.O.D』は、脚本家、倉田英之が原作で主人公は小説作家でしたね。小説家の苦悩と、SF的な物語を上手く絡めた作品になっていました。

この作品の主人公の行動を観ていると、『ココロ図書館』11話の「ジョルディの日記」に出てきた、女性型の軍用情報型ドロイドを連想してしまいました。
*************************************

と、いう事で大まかに感想など書いてみました。
タグ:アニメ 感想
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

レイアウト集 [アニメ]

お恥ずかしながら、お正月にやっとスタジオジブリ製作の『ハウルの動く城』を観ました。
長らく観なかった理由は色々あるのですが、観た方の評価が分かれる作品だという事が、何となく観るのをためらわせてしまっていました。同じ理由で『思い出のマーニー』も観ていないのです。
こちらも近日中に観ます。っていうか、この後観るつもりです。

『ハウルの動く城』の作画はレベルが高かったという事もあり、「スタジオジブリ・レイアウト展」の図録(レイアウト集)をネットで購入しました。2017年4月の16刷目で、2017年12月~2018年3月福井県立美術館までの開催美術館表記がありました。
前々から欲しいなと思っていて、それほど高額な物でもなかったので、今回購入という事になりました。ページ数が多くて、かなり重いですよ~ヽ(*´∀`)ノ
IMG_20180105_185733.jpg

作品としては『風の谷のナウシカ』から『思い出のマーニー』までと『アルプスの少女ハイジ』から『名探偵ホームズ』までの関連TVシリーズ。『ルパン三世 カリオストロの城』のレイアウトが掲載されています。

ちなみに自分が持っている「宮崎駿・大塚康生の世界」(昭和57年12月20日初版)では、オリジナル絵物語『妹へ』『太陽の王子ホルスの大冒険』『長靴をはいた猫』『パンダコパンダ』など、「スタジオジブリ・レイアウト展」に収録されていない絵コンテ、設定、イメージボードなどの資料が掲載されてます。
IMG_20180105_185652.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ: