So-net無料ブログ作成

水道管の凍結対策 [日記]

東京都内で記録的な最低気温が出た26日朝、バスルームにある洗面所でお湯が出ません。水用とお湯用の蛇口があるタイプで、水は出るんですけど、明らかに凍結です。
ヤバイなぁと思いながらも、定番であるタオルを巻いて、熱めのお湯(熱湯はダメらしい)をかけて数分、やっとお湯がでました。ちなみに、台所も同じ状況で、お湯が出ませんでしたが、洗面所でお湯が出る様になったら、台所は何もする事無くお湯が出る様になりました。

という事で、面倒な状況にならなくて済んだのですが、問題は今後同じ事が起こる可能性があるって事です。都内でも凍結問題が多数発生している模様です。
住んでいる所は屋外設置のガス給湯式で、2階。電源は切らない様にしていれば凍結しないと思っていたのですが、問題は、地面から水道管が露出している距離が長い2階って事です。
タオルを巻いてお湯をかける事で解決したのなら、凍結しているのは蛇口付近と考えられます。って事で、対策をとってみた所、昨日と同じ様な寒さにも関わらず、今朝は凍結する事がありませんでした。良かったヽ(*´∀`)ノ

凍結対策は家にある簡単な物で代用しました。
エアキャップってありますよね、プチプチする気泡緩衝材です。これを10~15センチ幅で細長く切ります、大体1mくらい。それを壁から露出している蛇口付近に、プチプチを水道管側にして巻いて行きます。テープで仮止めしてさらに、梱包に使うビニールテープで強く巻きながら縛ります。
これで終了。今回はこの方法で解決出来ました。何かの参考になればと思います。

これにくるまって寝たら寝袋の代わりになるかも知れませんね。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。