So-net無料ブログ作成

「映画 妖怪ウオッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」 レビュー [映画・TVドラマ]

「映画 妖怪ウオッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」の劇場公開が19日(土)より始まりました。

12月初め完成試写を観ていたので、感想を解禁したいと思います。


・「映画 妖怪ウオッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」(公開:2015年12月19日)
監督:高橋滋春 ウシロシンジ
脚本:加藤陽一 日野晃博
原作:レベルファイブ
出演(声):戸松遥 小桜エツコ 長澤 まさみ他

物語:★★★★・4点
配役:★★★★・4点
演出:★★★・・3点
映像:★★★・・3点
音楽:★★★・・3点

合計17点 総合評価:★★★・・3.4点
イメージワード:楽しい・感動

あらすじ
エピソード1「妖怪になったケータ」
天野ケータが、妖怪となってしまい、ジバニャンたちと妖怪生活を送ることになる。

エピソード2「ジバニャンの華麗なる大作戦」
8年後のエミちゃんに会うため、ジバニャンはブシニャン、ロボニャン8号と共に、未来へタイムスリップする。

エピソード3「コマさん 家に帰る」
実家に帰ったコマさんとコマじろうは、お母さんから生まれた赤ちゃんコマざぶろうの世話をすることになる。

エピソード4「USAピョンのメリークリスマス」
イナホとusaピョンがサンタ当番に選ばれ、プレゼントを配る中、プレゼントがいらないという男の子と出会う。

エピソード5「妖怪ワールドへ行こう」
妖怪評議会の議長のぬらりひょんから、人間と妖怪が友達になってはいけないという命令を出す。ジバニャン、ウィスパー、コマさん、usaピョン、フユニャンは、人間と妖怪の絆を取り戻す為に妖魔界の王様、エンマ大王の別荘があるという「ワイハーリゾート」へと向かう。

なお、フルCGアニメ「スナックワールド」の同時上映がある。

感想
構成としてよく考えられている点は、前半4つのエピソードが最後のエピソードの伏線になっている点だと思う。アイディアとしてはありがちともいえるけれど、作品としてまとめ上げるのは、大変かもしれない。
そういう意味では意欲作だと思う。
ただ、5つのエピソードに分けた分、小粒感がする。最後のエピソードは締めくくりとしては盛り上がりに欠けた。
物足りなさは感じる。

エピソードに分けたのはスター・ウォーズの同時期公開を意識しての事だったのでしょうか?(笑)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0