So-net無料ブログ作成

PlayStation3「YLOD」の修理を試みる宣言! [ゲーム]

PS3の電源ランプが点滅して電源が落ちてしまう「YLOD」現象が起き始めています。
電源落ちが起動中に発生すると、HDのデータクラッシュが無いかファイルチェックが始まりこれを繰り返す事になり、最終的には起動すら出来なくなります。初期型に多いとされています。
私のPS3は80GBモデル「リトル・ビック・プレネット同梱版」で500GBのHDDに入れ替えてます
PS3の修理サポートはすでに終了しているので、メーカー修理は出来ません。

「YLOD」とは、Yellow Light of Deathの略で。赤ランプ点滅故障問題とも呼ばれています。
メイン基板(マザーボード)のハンダクラックによる故障と思われるそうです。
という事で、自分で直してみようと思います。

手順としては、PS3を分解してマザーボードを取り出し、CPUに付いている古いグリスを取り除き「フラックス」を塗り込みヒートガン(無いのでドライヤー代用)で蒸発させハンダによるクラッキングの修理をする。最後は新しいグリスを塗って組み立て直すという手法。
ネットで「YLOD」で検索すれば詳細が出るので、気になる方は参考にして下さい。
この修理方法を検索していた所、Xbox360の通称デスリング故障(CPUの異常発熱によるエラー)も同様の手法で直せる可能性がある事が判明。
こちらは、グリスアップだけで行けそうですが、ヒートシンクの固定をネジ止めに変更する必要がある為に、難易度が高そう。修理用のパーツは注文中で揃い次第修理を始めたいと思ってます。

まだ起動出来るPS3はちょっと躊躇するので、全く使っていない、捨てるつもりでいた「Xbox360」から修理してみます。
中古で最新型番のPS3を買って、データ転送すればいいじゃんって思うかも知れませんが、多分、長い時間のデータ転送だと途中で電源が落ちてしまう可能性が高いと思うんですよね。
因みに、PS3を待機モードにしておいて、1日持たずに電源ランプが点滅してました。起動していると1時間持たないんじゃないかな?ちなみに「Xbox360」は最初の起動は10分程度、それ以降は1分持たずに電源が落ち、繰り返します。
↓以前の記事
http://mikeneco-no-kobeya.blog.so-net.ne.jp/2017-01-02
http://mikeneco-no-kobeya.blog.so-net.ne.jp/2017-01-05
さて、直るのでしょうか?

nice!(0)  コメント(0)